PHRの実現に向けて

健康・医療情報を個人が保有し、自分の意思で活用できる社会へ

健康で幸せな社会へ

健康診断データ、治療履歴や投薬情報等、自分の健康・医療情報をいつでも確認・活用可能

データを活用したセルフケア

自分で保持したデータで健康増進、緊急/平常時の医療に役立てる

京大データヘルス研究会について

京大データヘルス研究会は、PHR(※)の標準化および利活用促進についての産学連携での共同研究を行っています。

プレスリリース: 健康・医療・介護に関わる個人データの利活用促進についての産学連携共同研究を開始(2016年7月11日) - 京都大学

※PHR(Personal Health Record) とは、個人が生涯に渡り自分自身に関する医療・ 健康情報を収集・保存し活用できる仕組みのこと。

研究会開催報告

平成30年5月16日、京都大学…

平成30年4月18日、京都大学…

平成30年3月15日、16日、…

平成30年2月14日、京都大学…

平成29年12月14日、京都大…

平成29年11月20日、京都大…

平成29年10月19日、京都大…

平成29年9月6日、京都大学附…

Our Partners

パートナー:株式会社ヘルステック研究所
Copyright (c) since 2016 京大データヘルス研究会. All rights reserverd.

連絡先

  • 075-753-2418
  • 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 京都大学環境安全保健機構 健康管理部門/健康科学センター